東信商事風雲録

1

第1回 【坂本三郎誕生す】

農家の三男坊、将来の夢は植木屋さん

 

 私は、大正13年11月14日に豊島区要町に生まれました。父は坂本信太郎(のぶたろう)という名前で、母はせきといいます。私はその三男ですので三郎と名づけられた訳です。

 

 兄が二人、姉一人、私、そして下に妹三人という七人兄弟の大家族でした。父は質実剛健ながら心優しい性格、母はお嬢様育ちで芯の強い性格で、子どもたちにとっては居心地の良い家庭でした。私は家族の中では盛り上げ役として明るく屈託なく育ちました。振り返ってみれば、、大家族の中でとても恵まれた、幸せな幼年期を過ごせたんだなぁと感謝しております。

 

 坂本家はそもそも、要町や千川付近に畑を持っていた農家でした。現在の社屋は、坂本家の母屋のあった場所に建てられています。家長制度が当たり前の世の中では、長男が家督を継ぐというのが自然でしたので、私は子どもごころにボンヤリと、将来は植木屋さんにでもなろうかと考えておりました。後に不動産会社を創業するとは、夢にも思いませんでした。

 

当時の要町は千川上水を中心として、辺り一帯は畑ばかり。夜ともなれば暗闇に包まれて、隣りの集落の灯りがポツポツ見えるといった感じでした。はるか遠くから長崎神社のお囃子の音も聞こえてきましたし、当たり前のように千川上水で泳いだりしていました。その千川上水も暗渠(あんきょ)となってしまいました。今の千川駅前の賑わいを見ていると、隔世の感です。

 

外を飛びまわって遊ぶのは小学生の仕事ですが、私はそれだけでなく将棋にも熱中しておりました。その頃から勝負事に真剣に取り組む性質が備わっていたのか、めきめき上達して、後に年上の人にでも勝てるようになったのは良い思い出です。

長崎5丁目(昭和15年)

2

千川2丁目(昭和15年) 

3

千川バス(昭和15年)

4

【徴兵と帰国】

毎日が餃子、土産は缶詰

 

 昭和16年12月8日、日本軍による真珠湾攻撃を皮切りに太平洋戦争が始まりました。一般庶民にもその影響は波及し、坂本家にも召集令状いわゆる赤紙が届き始めました。最初は次男、次に私、最後には跡継ぎである長男も招集されてしまいました。

 

 17歳の私が配属されたのは、中国の蘇州というところでした。幸いなことに部隊は前線ではなく、物資や燃料の補給など後方支援を主な任務とする兵站(へいたん)部隊でした。

 文字通り命がけで戦っている前線部隊とは裏腹に、蘇州では実戦がある訳も無く、いたって平和な毎日でした。上官からも可愛がってもらっていた私は、毎日の様に餃子を食べ、囲碁や麻雀に興じておりました。これが私の戦争体験のほぼすべてであり、実戦に駆り出されることもなく終戦を迎えました。